佐久長聖高等学校2学年 2×ご班


高齢者と若者、両者に快適な未来を届けよう!

【テーマ(⽬標や課題)を選んだ理由】

「2025年問題」が危惧されているように、日本では今少子高齢化が問題となっている。今後医療費、社会保障費の負担が増大していく中で、高齢者の福祉的なケアの充実はもちろん、それを支えるこれからの若者についても考えていく必要がある。高齢者と若者、両者の快適な未来に向けて、現在の福祉制度を見直すべきだと考えたから。

【テーマを実⾏するには(⽅法など)】

・高齢者と若者の両者に負担のない福祉制度作り
・働き方の見直し、改善
・高齢者の福祉的なケアの充実、積極的な社会参加の援助
・不妊治療の公的な援助推進
・生まれた環境に左右されない、安定した成長環境作り
・自分の家族、地域の高齢者を大切にする
・福祉施設などでのボランティア活動への参加
・学校で行われるペットボトルのキャップ回収(ワクチンになる)などへの積極的な参加
・子育てしやすい環境作り
→若い人が安定して働ける職場づくり/地域内での支援を推進/外国からの移民の受け入れを増やす