文化学園長野中学校


文中発「脱レジ袋」!新聞紙エコバッグ大作戦(プロジェクト)

【テーマ(目標や課題)を選んだ理由】

【きっかけは「レジ袋有料化」、そしてゴールは「SDGs」!】

 

今年7月から、レジ袋が有料化されることを受け、プラスチックごみの廃棄問題に着目し、「レジ袋の削減」を宣言の中心にすることが決まりました。 無料で配布され、軽くてなんでも入れられるレジ袋は、人間にとっては非常に便利です。しかし、山や川で投棄されたレジ袋は、やがて海に流れ着き、海洋生物がクラゲと間違えて食べてしまったり、体に絡みついたりして、命を落とすことが大きな問題になってしまいます。

また、レジ袋だけではなく、プラスチックごみ全体の大きな問題として、これらが細かく砕けた時にできる「マイクロプラスチック」が、魚などの体に蓄積することで悪影響を与えたり、その魚を人間が食べたりすることへの危険性も問題視されています。土壌中でも自然に分解されないため、何百年と残り続けます。

そこで、文化学園長野中学生徒会の具体的な活動として、オリジナル「エコバッグ」を作成し、販売することを考え始めました。

【テーマを実行するには(方法など)】

まず新品の植物が原料であるコットン(木綿)製のエコバックを作る案が出たのですが、エコバックは本当に「エコ」なのかという疑問が浮上しました。今まで当たり前だと思っていたことを一度疑ってみる批判的視点をもち、さらに皆で話し合いを重ねました。

  • エコバッグは本当に「エコ」なのか、探究する。
  • 探究結果を受けて、事実を知る。(課題発見)
  • もっと環境のことを考えたバックはないか追究する。
  • 環境の「4つのR」を定義する。
  • リサイクル材料を探る。(課題発見)
  • ついに、素材決定。

 

リサイクルされた紙で作られている「新聞紙」をさらにリユースすることで、ゴミのリデュースを行うこともできる「新聞紙で作ったエコバッグ」を作成することに決定。

これを学校・地域のパートナーシップで実行します!

 

  • 9/12(土) 「ワールドフェスタIN 長野 2020」長野市セントラルスクエアで開催されるイベントで、すべての来場者へ、会場内の買い物等に使っていただく「新聞紙 エコバッグ」を配布する。
  • 地域の方々の協力を得て、活動が「自分のモノ、みんなのモノ」になることを意識する。
  • 活動を振り返る。(課題発見)
  • 今後、どう持続するか更に話し合う。