News

【みんなにもできるSDGs】「使わない部屋の電気は消そう」

2019年10月28日

世界を変えるために目指す17の目標ゴール、
・・・実現なんて難しいんじゃないの?
・・・具体的にどうすればいいの?
とお感じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも実はSDGsって、とても簡単なことから取り組めるんです。

「えっ、こんなこと?!」
きっと驚くでしょう。

私でも、あなたでも、誰にでも「簡単にできる」身近なSDGsの活動を、
1つずつピックアップしてお伝えしていきます。
ぜひ「今日から」SDGsの取り組みを始めてみてください!

 

<<今日のテーマ>>

「使わない部屋の電気は消そう」

 

電気の節約。

家庭で使われる電気は、その多くが発電所でつくられた電気です。
石炭や石油などの化石燃料を燃やした熱でタービンを回して発電する、
もしくは大きなリスクが叫ばれてもなお各地で稼働を続ける
原子力発電所で発電されたものです。

 

ソーラーパネルなどで自家発電した場合でも
家庭に蓄電池がなければ、太陽の光が得られない状況(曇天時・夜間)では
電力会社から供給された電気を使うことになります。

その量を少しでも減らせるように、できる節電を、できるだけしましょう。

隣の部屋、使ってなければ明るくなくてもよくないですか?
パソコン、使ってないのに電源が入りっぱなしじゃないですか?

小さな節電も、みんなでやれば大きな変化になります。

ぜひ今日から意識してみてください!

 

■■■今日のゴール■■■

ゴール7:「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」

→炭素燃料の燃焼による温室効果ガスの発生を抑え、
再生可能エネルギーを普及させて安定した電力供給を目指します

 

みんなにもできるSDGsは定期的に更新していきます。お楽しみに!

News

ARCHIVE