協賛サポーター主催

実施報告


団体名: 野村證券株式会社 長野支店

開催概要

柳原小学校×野村證券 野村證券さんと一緒に「株式」について学びました!

掲載日:2024年05月19日

NSPアドバンス・サポーターの野村證券さんが、長野市立柳原小学校で開催された「お仕事ゼミ2023」で、子どもたちに向けて「証券講座」を開催しました。


 


「お仕事ゼミ2023」は柳原小学校のオリジナルプログラム。さまざまな職業に従事する方々を学校に招き、それぞれの「仕事」について4年生以上の子どもたちに向けて講義してもらいます。消防士、保育士、警察官、農家、ネイルアーティスト、プログラマー、蝶の収集家まで(!)とてもバラエティー豊かな15種類の職業のプロが集まりました。


 


野村證券さんが開講する証券講座では、大人気アニメ「鷹の爪団」をモチーフに、投資のシミュレーションを行いながら株式について学びました。


 


講師の方から「『株』って知っている?」と聞かれると、子どもたちからは「聞いたことはあるかも」という声がちらほら…。しかし、「株」が実際に「どういうものなのか」まではよくわかりません。大人にとっても難しいですよね。


ですが、今回野村證券さんがご用意してくださった講座VTRでは、「鷹の爪団」が株の原理や基礎知識を面白おかしく解説してくれるので、楽しんで学ぶことができました。


 


株についての基礎を理解したら、「鷹の爪団」のキャラクター「吉田くん」が立ち上げた会社の株を購入し、取引をゲームで体験します。一番多く儲けを出した人が「株主王」です!(ネタばれ防止のため、詳しいゲームの内容は割愛します)


 


ゲーム中、子どもたちは大盛り上がり!


「今、株をいっぱい買ってもいいのかな?」


「今あるお金、全部使っちゃおう!」


「いやいやいや、それは危険だよ~」


「やった~!大当たり!」


「えぇ!ものすごく損したんだけど!?」


慎重派の子、戦略派の子、チャレンジャーな子。


子どもたちはそれぞれの考えで株を売買していきます。


 


そして最終的に「株主王」になった児童は…なんと、最初の所持金の2倍以上をGETしていました!


 


子どもたちからは、「難しかったけど楽しかった!」との声がたくさん上がっていました。大人がそばで見ていても「う~ん…?」と頭をひねるような内容で、親子で受けても楽しそうなゲームでした。


野村證券の皆さん、とても楽しい学びをありがとうございました!


 


 


<出前授業を受けた児童の皆さんのアンケートを紹介します>


 


・株について教えてもらってすごくわかった。このことを理解して将来のことに役立てたい。


・かぶぬし王ゲームというのをやりました。けっこう高い金額になってうれしかったです。銀行では、働くためにお金をかしてくれているのがびっくりしました。


・予想とか儲かるかもしれないとかあって楽しかった。証券会社は、計算とかが必要ということが分かった。株を買ってもうけるとか、いろいろなことがあって難しかった。


・いろいろなゲームをしてうまくはいかなかったけど、楽しかった。知らないことをいろいろ分かりやすく教えてもらって分かりやすかった。


・お話を聞いたり、アニメを見たりして、証券会社はとても大事な会社なんだなあと思った。株式ゲームの今後、株価が上がるのか下がるのか…予想などをするのが少し難しかった。でも、とても楽しかった。


・株って難しいと思っていたけど、そんなことはなかった。もう一回やりたかったです。とても楽しかったです。わかりやすく説明をしてくださり、ありがとうございました。


・最初は、どんな仕事か気になっていたけど、証券の方々がゲームにしてくれたおかげで、とても分かりやすかった。家族に今日のことを言って振り返り出来たらいいと思います。


・動画やゲームでどういう仕組みになっているのかが分かりやすかった。動画で楽しく覚えられた。最初はどういう仕事かわからなかったけど、教えてもらって証券について、もっと知りたくなった。実際に株券を買ったり、売ったりするのが楽しかった。知らない言葉もでてきて勉強になった。


・ぼくは、お仕事ゼミ、証券講座を通して、最初は何も分からなかったけど、野村證券の人たちが丁寧に動画やゲームで教えてくれたので、よくわかりました。教えてもらった中で、一番よく分かったのは、ゲームです。ぼくはゲームでやったことが分かりやすくて、その場にいるように出来ました。楽しかったし、分からないことがわかってよかったです。