喬木村立喬木第一小学校6年1組 気候変動を緩やかにしよう


2050年でも住み続けられる地球へ

【テーマ(⽬標や課題)を選んだ理由】

テレビでグレタ・トゥーンベリさんが地球温暖化を訴えかけているのを見て、今、地球は大変な事になっているんだなと思いました。そこで、自分たちでも何か出来ることを頑張りたいと思いました。

自分たちの身の回りを注意して見てみると、学校ではごみの分別ができていないことがあります。その原因の一つは、ゴミの種類が理解されていないためだと思われます。もう一つは、ゴミの分別について、気候変動に関係があると理解していない人が多いことだと思われます。

さらに、最悪の場合、2050年に壊滅的な気候変動を避けられなくなるそうです。今、2021年なので29年後と近づいてきています。そこで、緊急性が高いと考えました。

以上の点から私たちのグループでは、次の2点の取り組みをします。

【テーマを実⾏するには(⽅法など)】

(1)ホームページの作成

多くの皆さんに気候変動について理解を深めてもらうため、ホームページの作成に取り組みます。このホームページを見た人が、自分にできることに取り組めば、気候変動を緩やかにできるかもしれないと考えたからです。

具体的には次のような内容を載せたいと考えています。

  • 気候変動についての説明
  • 気候変動の現在の状況
  • 家庭でできる具体的な取り組み

ホームページを作ることによって、気候変動や現在の状況、自分たちにできることなどを、多くのみなさんに理解してもらうことができると思います。そうすることで、みなさんが日々、SDGsを意識して過ごしてくれるようになると考えます。

 

(2)スクラッチでゴミ分別ゲームづくり

大人も子供も楽しく気候変動について学べるように、スクラッチでゴミ分別をゲームを作ります。

スクラッチのゲームにすることで、ゴミの分別の方法を楽しみながら理解してもらい、ゴミを分別して出してくれる人を増やしたいと思います。

具体的には次のような内容のゲームにしたいと考えています。

(1)のホームページに、つくったスクラッチのゲームを載せたいと思います。

  • ゴミ箱をゲーム内に作って、このゴミはどのゴミ箱に入れるか、等のクイズ形式問題を解いていってもらう
  • ゴミの種類などを紹介
  • 3R (リユース・リデュース・リサイクル)についての紹介。3R のできるものを紹介

このゴミ分別ゲームを作ることで大人も子供も今の気候変動について知ることができ、SDGsを意識してよりよい生活になると思います。