佐久長聖高等学校2学年 Five


障がい者がお金に困らないように安心して暮らせる社会にしよう。

【テーマ(⽬標や課題)を選んだ理由】

障がい者は、障がいを持っていない人に比べて貧困になりやすく、障碍者福祉サービスが地域によって差があるから。

【テーマを実⾏するには(⽅法など)】

・障がい者福祉サービスが地域によって差が出ないようにしたい
⇒生産年齢人口を増やす。障がい者でも働けるよう地域の会社に障がい者雇用を義務付ける。障がい者を雇ってくれる企業には資金を渡す。
地域のバリアフリー化。障がい者の人たちの医療費の免除。地域の障がい者に対して使うお金の量を一定にする。
 
障がい者の人へ定期的にアンケートを行い、困っていることなどを発信してもらう。
「バリアフリーシート」を使って地域のバリアフリー度を評価する。その調査結果を佐久市長に提出する。
 
(資料)
軽度の障がい者の人たちでも4人に一人が貧困に悩まされている。
重度の障がい者は約8割が貧困に悩まされている。