長野県長野工業高等学校 物質化学科3年課題研究「材料化学班」


環境保護啓発

小学生おもしろ化学教室を企画・実施し、生分解性プラスチックの製造や古紙のアップサイクル、新聞エコバッグつくりなどの実験を通し、材料化学の側面から小学生に環境問題やSDGsに深い関心を持ってもらえるイベントを行う。

【テーマ(⽬標や課題)を選んだ理由】

本校本学科では化学を主に学習を進めている。

そんな化学の分野だけでなく、どの工業分野でも環境問題は切っても切り離せない必須配慮項目であり、環境問題や最近よく見聞きするSDGsへの取り組みと学習している化学とを結びつけたいと思っていた。

化学では材料化学、とりわけ生分解性プラスチックの製造を切り口とすることで、環境や材料化学とを考えられ、これらを含め学んだことを小学生に伝えることでSDGsへの取り組みとできると思い、選んだ。

【テーマを実⾏するには(⽅法など)】

自ら研究テーマを設定し積極的に取り組む「課題研究」という授業を使い、1年間かけて取り組む。

小学生に伝えられる知識を得るため、長野県工業技術総合センターやエプソン諏訪本社での課外学習を行う。

長野県工業技術総合センターでは施設見学ならびにプラスチックの基礎とバイオプラスチックについての講義を受ける。

エプソン諏訪本社では「Paper Lab」を見学し、アップサイクルについて学ぶ。

 

「みんなのSDGs宣言」で設定したテーマである環境保護啓発を小学生に行うため、小学生おもしろ化学教室を企画・実施し、生分解性プラスチックの製造や紙のリサイクル(アップサイクル)、新聞エコバッグつくりなどの実験を通し、化学の側面から小学生に環境問題やSDGsに深い関心を持ってもらえるイベントを行う予定である。