佐久平総合技術高等学校 食農クリエイト科 食品開発コース


廃棄される酒粕を用いた食品開発

【テーマ(⽬標や課題)を選んだ理由】

佐久市は県内有数の穀倉地帯であり、その米を原料とした酒造りが盛んに行われている。市内だけで12の蔵を有し、本校でも昨年から地元酒造会社「戸塚酒造」さんと共同で日本酒造りに取り組んでいる。

日本酒造りをする際、副産物として酒粕が得られるが、食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう酒粕が、戸塚酒造さんだけで年間2tあるとお聞きした。食品ロスを削減し、持続的な生産・消費活動の実現に向けて、廃棄酒粕を用いた食品の開発と商品化を行いたいと考えた。

【テーマを実⾏するには(⽅法など)】

・本校生徒・保護者、地域の中学生を対象に、SDGsの認知調査を行う。

・酒粕を用いた食品(洋菓子・和菓子・パン)を考案し、地元食品会社と連携して商品化を行う。

・学校や地域のイベントで販売する。

・商品の販売の際、取組の内容・目的、SDGsについてまとめたリーフレットを配付する。