佐久長聖高校 スタバa 宇田川小夏 森本湊斗 鬼頭和暉 城下稀吉郎 ダヴ樹音 山口竣平


地産地消に取り組んだフラペチーノを開発!

そのテーマ(目標や課題)を選んだ理由

スターバックスは、2023年までに廃棄物・CO2排出量を50%削減する目標を掲げています。世間からも環境への取り組みに対して高い評価を得ており、2022年に行われた日経BP「第3回ESGブランド調査」ではスターバックスは総合第2位を取りました。スターバックスの代表的な取り組みはタンブラー・紙ストローの使用、蓋なしでの提供といったものが中心です。そこでスターバックスが大切にしている地域とのつながりに注目し、私たちが暮らす街である佐久市に関連した取り組みがしたいと思いました。そして佐久市の食材を使用したフラペチーノの完成を目指しています。

テーマを実行するには(方法など)

佐久市の名産品を調べた結果として、プルーンがあげられます。長野、佐久地域が主産地として、プルーンの生産量が一位の実力を持っています。この地産地消のプルーンを使用したオリジナルドリンクを考えていきます。プルーンの旬は7月の中旬から9月までなので、生のプルーンを手に入れることは難しいです。そこで、加工品を使うことを視野に入れてスタバのポリシーにあったフラペチーノを試作していこうと思います。