下高井農林高等学校  国際研究部


フードロスについて考え、SDGsバザーで「よりよい世界のために私たちができること」を実践する。

【テーマ(目標や課題)を選んだ理由】

・農業高校では普段から農業や食について学んでおり、フードロスについて取り組むことは適切であると考えた。

・コンビニやスーパーでアルバイトをしている生徒が多く、賞味期限や消費期限が近い品物が大量に廃棄されているのに気づいている。世界では飢餓で苦しんでいる子ども達がいる一方、日本では年間621万トンのフードロスがあることを伝え、私たちができることはないかを考えさせたかった。

・昨年の文化祭でSDGsカフェを行い、来客者に「よりよい世界のために私たちができること」を書いてもらい好評であった。今年もSDGsバザーで自分たちのできる1ステップを書いてもらうことにより、SDGsを多くの方に知ってもらい、さらにフードロスの抑制やリサイクルで物を大切にすることを意識してもらうことで地域全体の取り組みになるのではないかと考えた。

【テーマを実行するには(方法など)】

・近隣のコンビニやスーパーを訪問し、大量に廃棄される品物をバザー品として提供できないか協力を求める。

・学校内や近隣地域で使用しなくなった日用雑貨や衣類、本などをバザー品として提供してもらうよう呼びかける。

・文化祭のSDGsバザーでは、私たちの取り組み(卒業生の靴を洗って途上国の子ども達に贈っている活動)やSDGsについて知ってもらい、来場者に「よりよい世界のためにできること」を書いてもらう。

・バザー品の売上金はユニセフへの募金と、来場者から書いてもらった「よりよい世界のためにできること」を実現する為に利用する。